マーケティングプロフェッショナル&ファイナンシャルプランナー

 

奈良県出身。

大学を卒業後、ベビー用品の小売業2社で勤務。販売促進、人事、広報や広報他店長を経験。

 

その後、玩具メーカー、タカラトミーに転職ロングセラーの

看板女児玩具のマーケティングを担当。

その後、中途入社としては異例の早さで昇進し

管理職兼ブランドマネジャーとなった。

 

とにかく仕事が楽しくて仕方がなく、それこそ朝から晩まで24時間

土日関係なく働いたが、子供たちの喜ぶ顔や部下の成長、事業の拡大におおいに遣り甲斐を感じていた。。

 

 

そんな時、40歳を過ぎての高齢出産を経験する。

 

育児休暇も取得せず、産休明けすぐに管理職として復帰するが

どうしても、これまでと同じ働き方ができなくなってしまうことにジレンマと将来の不安を感じるようになる。

 

週の半分は、保育園とベビーシッターとのダブル保育。

保育園のお迎えはいつも最後、間に合わなくてタクシーを使うことも度々。

 

土日の店舗巡回に子供を無理に連れていき高熱を出させてしまう、、、。

思うように仕事もできず、家族との時間もとれない、とにかく疲労がたまる一方であった。

 

 

さらに会社では、経営状態の悪化から大規模なのリストラが行われた。

自分の同僚や部下たちがどんどんとリストラされていく。

 

その現状を目の当たりにし、このまま会社員としてのキャリアでいいのだろうか?と本当に私がしたいのはこの仕事、この働き方なのか?と自分自身の、ライフプランを根本的に見直した。

 

そんなときFPという資格に出会い、FPになろうと勉強を始める。

 

これが起業へのターニングポイント

 

会社員以外での様々な働き方があることを知り

会社員ではない起業という選択肢に挑戦してみようと24年間の会社員生活に終止符を打ち、2015年1月に起業をした。

 

 

そのまま、会社員として働き続けることもできたが

会社を辞めたことを今も失敗だとは思っていない

 

現在のメインの仕事は法人向けのでのマーケティング支援。

 

仕事量は正社員のときと同じかそれより増えているかもしれないが

子供との時間や自分自身への投資の時間も確保でき

何より自分で選択したキャリアと人生にを歩むことができている。

 

「儲けることだけを目標として起業塾

表面的な起業の仕方を教える環境はあるけど

本当の意味でビジネスや、その人のキャリアプランやライフプランに沿った起業塾はない。

 

会社員の世界、起業の世界、両方をみてきた私たちだからこそ

お伝えできる本当の起業塾をめざしています」